Skip navigation
9

OSSUR JAPAN設立の発表

パシフィックサプライによる義肢部品の卸売販売を設立後も継続

義肢や装具の世界的リーダーであるÖssur社は、OSSUR JAPAN合同会社(以下 オズールジャパン)を東京都に新設し、2021年1月1日より本格的操業を開始する。オズールジャパンの事業責任者には15年以上にわたり同社の日本国内での事業を率いてきた楡木祥子氏が就任する。

オズール社の代表取締役社長ヨン・シガーソンは、
「オズール社は、20年以上にわたり革新的な義肢装具製品の供給を通して、日本の医療従事者が切断者や患者に制約の無い人生を提供する助けをしてきた。

オズールジャパンの設立は、弊社がこれまで以上に日本市場に責任を持ち、臨床教育、セールス、サービスや顧客支援、それらに関わるマーケティング活動など、幅広く直接的な活動を広げていくことを可能にする。これまでの信頼されたパートナーシップから、両社は共に発展していくことを信条とする。”We are stronger together”」と述べている。

シガーソン氏はあわせて、
「オズールは1999年から培ってきたパシフィッックサプライ株式会社との関係を継続し、同社と協業し、同社による義肢部品の卸売販売を継続する。」と述べている。

パシフィックサプライ株式会社の代表取締役社長 川村慶は、
「オズールジャパンと新たに協業し共に力を尽くしていくことは、両社に共通する使命である、お客さまの3Lifeの向上を助け、多くの人々に移動の喜びをもたらすことに繋がるものである。同時に両社の社員とその家族にも多くの笑顔と夢をもたらすことを信じている。」
と述べている。