Skip navigation
9

PROPRIO FOOT®

PROPRIO FOOT®


HC000785

PROPRIO FOOT is an adaptive prosthetic device for low to moderately active below-knee amputees that mimics natural foot motion. Motor-powered ankle motion increases ground clearance and reduces the risk of tripping and falling. This allows users to traverse different kinds of terrain in a natural and secure way.

Key features

  • Increases ground clearance, reduces the risk of trips and falls and enhances safety and gait quality.
  • Enables users to focus on their surroundings, instead of the walking terrain, offering a high degree of ground compliance, on all kinds of surfaces.
  • Reduces strain on knees, hips and back.
  • Enhances stability, efficiency and comfort on inclines, declines and stairs.
  • Maintains symmetry and alignment while changing shoes.

 

衝撃度

Impact LevelExample

日常生活における、歩行補助具を用いたゆるやかで一定速度の歩行。 例:家の周辺の移動、近隣地域での穏やかな歩行

日常生活の中での様々な速度や歩行パターンでの平均的な歩行。 例:買い物に出かける、屋外でも自信を持って歩く

特徴

Characteristics

つま先まで伸びた前足部

差高調整機能

加わる負荷に比例した反応

スプリット・トゥ

補足 ダイナミックソリューション

PROPRIO FOOT 仕様

PROPRIO FOOT® PRODUCTS_PRODUCT_INFORMATION
切断レベル:

下腿切断

衝撃度: 低~中
体重制限: 22-24:100kg
25-30:125kg
カテゴリー: 22-24; Cat. 1-5
25-30; Cat. 1-8
サイズ: 22-30
足部重量: 1424g (50oz)
差高調整機能: ≤ 50mm (2")
構造的高さ スタンダード: 176mm (7") - 186mm (7.3")
フレックスフットの特徴:

つま先まで伸びた前足部

差高調整機能

加わる負荷に比例した反応

スプリット・トゥ

Unityの足部のサイズ: 25-30
最大吸着圧: -23inHg (600mmHg)
通常使用圧: -16-20 inHg
加算されるシステム重量: 130g with Pump, Socket Valve and Tube

PROPRIO FOOT® 特徴

つま先まで伸びた前足部

つま先まで伸びた前足部つま先まで伸びたキール/トゥレバーは、健側の足長と一致し、立脚後期で患側をよりサポートします。これにより健側と患側の立脚期の長さが均等になり、よりダイナミックな歩行を可能にし、健側への負担の軽減につながります。 利点:歩行の対称性の向上と健側への負担の軽減


差高調整機能

差高調整機能様々なタイプの靴に合わせて踵の高さを調整し、適切なアライメントに合わせることができます。踵の高さを仕様範囲内で調節できるので、ユーザーは色々な場面に合わせて靴を替えることができます。差高調節機能は義足のアライメントのズレを最小限に止め、それによって歩行時の疲労やアライメントの不適合によって起こる不快感を軽減します。


加わる負荷に比例した反応

加わる負荷に比例した反応詳細なコンピュータ解析とメカニカルテストによって最適化したカーボンファイバーの積層により、ユーザーの体重と衝撃レベルに比例して、カーボンファイバーの踵部と前足部がたわむ設計になっています。 利点:カスタム設計の構造により歩行の効率を最適化し、ユーザーの疲労を軽減します。


スプリット・トゥ

スプリット・トゥスプリット・トゥは不整地に順応し、これにより切断者は不整地を安定して快適に歩くことができます。 利点:バランスと安定性の維持し、荷重時の最大衝撃を軽減します。