Skip navigation
9

Balance Foot J

Balance Foot J


HC040003

Balance Foot J is designed to meet the needs of slower speed walkers. It is lightweight with a heel that provides stability and cushioning at heel strike. Together with the full-length keel the Balance J provides excellent stability and support.

衝撃度

Impact LevelExample

日常生活における、歩行補助具を用いたゆるやかで一定速度の歩行。 例:家の周辺の移動、近隣地域での穏やかな歩行

特徴

Characteristics

アクティブな脛骨の前進

つま先まで伸びた前足部

加わる負荷に比例した反応

補足 バランスソリューション

Balance Foot J 仕様

Balance™ Foot J PRODUCTS_PRODUCT_INFORMATION
切断レベル:

大腿切断

下腿切断

衝撃度:
体重制限: 136kg
カテゴリー: 1-5
サイズ: 22-30
足部重量: 576g (20.3oz)
構造的高さ スタンダード: 120mm (4 3/4")
アダプターオプション: オスピラミッド
フレックスフットの特徴:

アクティブな脛骨の前進

つま先まで伸びた前足部

加わる負荷に比例した反応

Balance™ Foot J 特徴

アクティブな脛骨の前進

アクティブな脛骨の前進ヒールコンタクト時における垂直方向の衝撃は蓄えられ、直線的な動作に変換されます。これをアクティブな脛骨の前進と記します。この動作は、健足を使って積極的に体を前進させる必要性を軽減し、歩幅を均一にします。 利点:より自然な歩行を可能にし、歩行のための努力を軽減します。


つま先まで伸びた前足部

つま先まで伸びた前足部つま先まで伸びたキール/トゥレバーは、健側の足長と一致し、立脚後期で患側をよりサポートします。これにより健側と患側の立脚期の長さが均等になり、よりダイナミックな歩行を可能にし、健側への負担の軽減につながります。 利点:歩行の対称性の向上と健側への負担の軽減


加わる負荷に比例した反応

加わる負荷に比例した反応詳細なコンピュータ解析とメカニカルテストによって最適化したカーボンファイバーの積層により、ユーザーの体重と衝撃レベルに比例して、カーボンファイバーの踵部と前足部がたわむ設計になっています。 利点:カスタム設計の構造により歩行の効率を最適化し、ユーザーの疲労を軽減します。